社会福祉法人三福福祉会は、“寄り添い、その人らしい暮らしを支え合う”を理念とし、利他の心で温もりある介護を目指しています。

 

>
新施設きはだの郷概要

新施設きはだの郷概要

加茂きはだ園は加茂の地域で34年に渡り高齢者福祉事業を行い、地域の高齢者の方々にご利用頂き、認知を

頂いて参りましたが、この度、平成30年4月に木津川市梅美台に、新たに「きはだの郷」として、生まれ

変わり、特別養護老人ホーム100床、ショートスティ20床、デイサービス25名定員の高齢者施設を新築

オープンする事としております。

◆<木造×平屋×分棟>による新しいカタチの特養を実現

「特養に入居される前までの、自宅で過ごした生活の環境をそのままに」「暮らしの継続」をコンセプトと

して、設計しております。

あえて、居住棟と交流スペース等を分棟する事で、

家の中と外が意識出来る暮らし、ウチとソトが近しい関係なる様に考えています。

晴れの日は、すがすがしい気分になるなぁ・・・。暑いなぁ・・・。

雨の日は、湿度が高いなぁ・・・。等、五感で感じる生活の実現が出来ればと思います。

 

 

 

建物は全て準耐火構造作りの木造建てで建築し、より自宅に近い環境になる様にスケール感も大きくなり過ぎない

作りとしております。

又、特養、ショート、ユニット共通の作りで、全室個室になり、トイレについては室外の3箇所に設置する予定です。

それぞれのユニットにキッチンを設け、ダイニング、リビング、居間、談話コーナー等を設ける事で、それぞれ

個々人に合わせた空間の使い方が出来ればと考えております。

 

デイサービスにおいては、定員25名と通常の規模で、1日単位の機能訓練を取り入れたデイサービスを予定しております。専門職によるリハビリ、機器を使用したトレーニング等の機能訓練や脳トレ、音楽レク等を組み合わせ、楽しみながら刺激を得る事で、体力等の維持に一役かえる様なデイサービスを予定しております。

 

 ↑asset/00032/deisa-bisu chirashi_2.jpg

 

 

(予定地)木津川市梅美台1-2-2

 木津ソレイユバス停より徒歩1分です。

近鉄奈良、高の原、JR奈良、木津駅よりバスが出ています。